calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.01.11 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    古都高山遠征 中日

    0

      2日目。

      本日はイチオシの渓へ案内くださるという。

      前回の遠征時には、直前の台風通過による増水で立ち寄ることもしなかった渓。

      増水中だと遡行に危険が伴うとの事。

      前日までの降雨による増水も心配だったが突入することに!

       

      本日はO氏とO氏の釣友T氏もご一緒。

      両氏ともフライマン。

      お二人が山陰遠征された際にガイドさせていただいてからの縁で、前回遠征時にもお世話になっている。

      ドライブインで合流後、T氏のお車に乗せて頂き渓のパーキングスペースまで直行。

      林道を小一時間ほど歩いてから入渓。

       

      フライでは「水温が上がるまでは反応が悪い」との事から、ルアー師2名が優先して釣らしていただく。

      のっけから好反応!レギュラーサイズはポイント毎に顔をみせてくれた。

       

      昼前には4人ともに竿を振るが、遠征組の私たちに有望ポイントは優先させていただく。

      「ここらから尺がでる区間」とO氏。

      その言葉通り剣道君氏が尺ヤマトをキャッチ。

      自身も釣りたい!(悔しかったので写真撮影は無しw)

       

      本日1番の超有望ポイントを最初に釣らしてもらい↑をキャッチ。

       

      サイズは不満だが、妥協した目標(笑)であった三ッ口をクリアー(汗)

       

       

      続いて剣道君氏。

      私が釣った一番と思えるコースの脇、極浅場を「一応チェック」ってな感じで通しているミノーに良型が襲い掛かった。

      本日2匹目の尺ヤマト

      そのコースだったのかorz

       

      美し過ぎる

       

      この腹部がセクシー。

      何度も指でナデナデしてしまった(笑)

       

      その後、O氏も尺絡みキャッチ。

      水温が上がった午後からはフライマンの両氏が、浅場からポンポン釣りあげるの指を咥えて見ているだけだった。

      ※誇大表現ですが、感覚的にはそんな感じ

       

      17時には竿をたたみ退渓。

      途中ツキノワグマが目の前に出現したりしたが、1時間半ほど林道を歩いて無事車まで到着。

      出発点のドライブインに帰り着いたのは12時間振り。

      そんな時間が経っていたのが信じられない、楽しく濃密な時間を経験できた。

       

      自分に尺上が釣れなかったのは悔しかったが、抜群に美しい純潔と思えるヤマトイワナを堪能できた。

      O氏、T氏に感謝です☆

       

      JUGEMテーマ:渓流釣り


      スポンサーサイト

      0
        • 2020.01.11 Saturday
        • -
        • 17:00
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする